2013/10/28

192.jpg
329.jpg
485.jpg
519.jpg

今回は奮発して良い子達を出していますよ。
(^^♪
中でも一押しは、やはり1匹出ししている子たちです。
物凄く美しい個体ばかりです。
画像をクリックして大きい画像でご覧ください。

その中でも、もっとも好きなのは下の画像の2枚の個体です。
とても濃く鮮やかです。

先日紹介した水槽からの個体ですが、この様な個体がかなり多く生まれていました。
是非手にして頂きたい個体です!!
モリモリです。
(*^。^*)

是非ご覧ください^^
スポンサーサイト
2013/10/22

177.jpg

凄く赤が濃いでしょ^^

今日出品した個体です。

我が家の選別では、色に拘っています。
白が濃いというのは、今となっては当たり前ですが、赤はとことん拘っているつもりです。
^^;
この個体は白の厚みはぼちぼちですが、赤の濃さはかなり良い線いっていると思います。
白はたいした事がなくても鮮やかに見えるのは赤が濃いからです。

まず、頭部の赤をもっとも見ますが腹側の赤が薄い個体は我が家では既に選別漏れです。
上から下までむら無く濃いという事です。
そこまで濃い個体は大抵赤足になります。
赤足で無い個体ももちろん選別漏れです。

この個体は小さいときは黒ビーかと思うくらい黒染みが多かった個体です。
稚えびのうちに黒染みの多い個体を残していくと良い結果が出やすい気がします。

今回の個体は、1ヶ月位前まではもっと濃かった個体で親になるまで取っていた個体でしたが、抱卵して若干色落ちしてしまいました。
^^;
我が家ではこのクラスでは子供を生ませませんので、欲しい方にという思いで、今回出品させて頂きました。
まだ抱卵後間もないので、落ち着いたら発色も戻ってくる可能性も有ります。

この個体を使ってこの様な事を書くのも申し訳ない気持ちですが、我が家が親になるまで取っていた個体で、私も子供を取ろうと良いオスと掛け合わせていますので、子供にも凄く期待できるのではないかと思っている次第です。
もちろん厳しい選別の中で残ってきた個体ですので、どの様な子が生まれてくるか楽しみですね。
(^^♪

簡単に我が家の選別について書きましたが、選別は好みですので、気の合う方は参考にして頂ければと思います。
私もまだまだだと思っていますので、もっと良い子を作って生きたいと思っています。

(*^。^*)

2013/10/14

008_201310141855258d3.jpg
034.jpg

前回とは別のレッドビー水槽を2本撮ってみました。
(^^♪

どちらも200~300位入っていますが、かなり色は濃いです。
下の画像は濁っていますが絶好丁を保っています。

期待に応えてくれる水槽です。
(^^♪

レッドビーの水槽はまだまだ有りますのでまた紹介しますね。